So-net無料ブログ作成

パジェロミニ、ワックスをかける、2017夏 [パジェロミニ 4A30]

台風前にパジェロミニの洗車です。

町内のイベントの荷物移動にも駆り出されて、公園の砂埃にまみれていたので
明日から台風が接近するということですが、洗車をしました。

室内も埃がたまっていたので掃除をしたかったのですが、
この暑い中、90分ほどの行動が精一杯かや。




水洗いをして、いつものワックスをかけるのですが
いつもは乾いた布で拭き取って仕上げますが、
ワックスのメンテナンスを怠っていたので、地の状態があまり良くなく
ワックスの簡略化の意味を含めて、水洗いをして拭き取った後に、
濡れた布でワックスをかけて行きました。

利点は、拭き残しが少なくなる上に、仕上げの拭き取りも容易になるのですが
定着がやや弱くなり耐候性に変化がありますが、
汚れがひどかったり、今回のように下地を作るには適しているようにも考えています。

この方法で下地を作ってから、バフがけを行うと綺麗にワックスに熱が加わって
鉄板に定着しやすくなりますので、フルコースの場合は、この後にバフがけを行います。

今回は、暑いですし(汗)人間にも鉄板にもよろしくないので
涼しい時間のうちに、洗車を済ませました。

仕上がりは、拭き残しも少なく、水分も多く含まれていたので満遍なく伸ばすことができた、
そのように観察しました。

洗車をしていて、運転席側のフロントバンパー、ヘッドライトの下のフォグランプがつくユニットに
当てたか当てられた小さな傷跡を発見。
ユニットも、助手席側に比べるとガタ付きも出ています。
押されたか何かで、取り付けが歪んだか緩んだかしているのでしょう。

お盆休みにユニットを外して、取り付け直してみようかしらん。
nice!(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

メッセージを送る