So-net無料ブログ作成

しょっぱい話。 [雑感]

パジェロミニでのオーディオの再構築の目的は、
走行中のノイズを、オーディオの音で気にならないくらいにはできないか、ということから始まり、
iPodからの音出しや、フラットな特性のケーブル、スピーカー&スピーカーケーブルの交換と
相成っています。

目的としている音の状態、というものを、明確に持つことができているのが
とてもありがたいことです。
先人の知恵というのは、こういうことでしょう。

自分で得た知恵ではないと思えばこそ、謙虚にもなれますし、感謝の気持ちも自然に沸きます。
その知恵をどう使うかは、私個人のことで、なおのこと出た結果がそぐわなくても
それは、まずは自分の理解の仕方から、反省、をしてみる。それが入り口だと実感します。

自分の不足している知恵や知識に原因があるのに、そのことを棚上げしてしまうというのは、
坂道を登っている途中にはよくあることでしょうが、
それを自分で気づくことができるか、もしくは、他人からの指摘で気づくことができるか。
他人からの指摘というのは、本来ならば、得ることができない自分以外の視点。
社会の利害関係なく、それを言って得をする人などいません。

調子が良いと思える時ほど、手順を確認する手間をかける。
自分の行動の調子の良さを意識的に理解できないから、調子が良いと思える。
意識してできるのならば、それは調子が良いと感じずに、いつも通りのこと、と思えるはず。
これも先人の知恵の一つでしょう。

昨今の社会は、科学的な客観性と合理性と、問題を社会的に判断することを
別個のものとして考えているように見えます。

後者の方が楽なのでしょう。考える必要がありません、画面で見た聞いた情報を本能的に判断して
好き嫌いを言うだけです。

なぜそのようなことを言うのか、するのか、そのようなことを考えるのは
無駄なことでしょうか。
ちょっと配慮するだけでも、違ってくるようにも思えます。

やれていない自分に、いつも言い聞かせていることです。
nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

トラックバック 0

メッセージを送る